気づけばドレッサーにたくさんのスタイリング剤がありませんか?

せっかく美容室でパーマをかけたのに、家に帰って自分でやると、どうもうまくいかない。スタイリング剤はどれを選べばいいでしょうか? スタイリング剤の違いについて説明します。

ローション

内容成分のほとんどは水分でできています(束感をつくるために少量シリコンを含有しています)。

油分は少ないのでアルコール成分も少なく、ダメージ毛の空洞(キューティクル欠落部分)に油分が入ることもありません。

髪の毛が重くなることもなく、ウェーブはダレにくいのですが束感もリッジもほとんど出ません。手触りはサラッとしています。

カラーの明度は変わりません。

フォーム

水分は多いですが、泡状にするためにガスが15%ほど含まれています。

ガスが水分を飛ばすので、継続して使うとウェーブがダレがちになることもあります。束感もリッジもあり、ボリュームが出やすくなっています。

手触りはパリッとしていますがベタつきはありません。

カラーの明度はほとんど変わりません。

ワックス

クリーム状とスプレー状のものがあります。

クリーム状のものは油分が多いですが、スプレー状のものは油分が少なく噴射用ガスが含まれていますので、髪の水分量に応じて使い分けが必要です。

太い束感をつくり、セット力も強いです。手触りはベトついた感じがあります。

カラーの明度は下がり気味です。

ミスト

セット力は強いですが、アルコール分が多く(50~75%)、水分が飛びやすくパサつきます。

ダメージ毛や乾燥毛では、ウェーブのダレやカラーの変退色がひどくなりぎみです。束感と固い手触りで、ややスクエアなシルエットになります。

セットスタイルには最適ですが、パーマヘアには不向きです。

明度はあまり下がりません。

ジェル

束の形成力やセット力は強いです。ただしアルコール分も多いので(30%)、水分が少ないダメージ毛や乾燥毛ではパサつきます。

細い束感とやや重い感じで、シルエットはスクエアです。

明度は下がります。

トリートメント

成分のほとんどを占める保湿成分がウェーブを持続されますが、ドライヤーをかけると保湿効果は薄れてしまいます。

水分の重さでAラインのシルエット。油分が含まれていない場合は束感はほとんど出ず、見た目はパサついていますが、手触りはしっとりしています。

カラーの明度は変わりません。

各スタイリング剤の違い。美容室でパーマをかけたのに家でうまくいかないことはありませんか?

お電話でのお問い合わせ・ご予約はこちらから

お電話でのお問い合わせ・ご予約はこちら。011-633-3977 受付時間10:00〜17:00 〒064-0826 札幌市中央区北6条西28丁目3-20 地下鉄東西線西28丁目駅下車徒歩4分 営業時間 / 10:00〜18:00 店定休 / 日曜日 (完全予約制となっております)

オンライン上のご予約はこちらから